楽Gamer's Blog

日本代表12人目の選手

Jリーグ、海外サッカー、日本代表などサッカーについて、気になったことを書いていきます。

ワールドカップ予選 ブラジルvsウルグアイを見た感想 レベル高すぎ!!!

ダゾーンで南米のワールドカップ予選が生中継されていたので、ブラジルVSウルグアイを見てみました。

普段は、サッカー日本代表の試合しか真剣に見ていないので、レベルの高さに驚きました。レベルが高いだけではなく、すごく面白い。

ウルグアイも強いとは言っても、やはりブラジルとは力の差を感じました。結果からみてもわかるように、1 4で負けてますし、さすがセレソンって感じでした。

そこで、日本代表との差を自分なりに考察していきたいと思います。日本代表の試合しか見ていない人は、違いを参考にしてみてください。

縦への仕掛けが早い

何がすごいかっていうと、横パス、バックパスがほとんど無い。ボールを持ったらすぐに縦に仕掛ける。特にネイマールは誰も止めることができていませんでした。すごすぎ。チャンスでは確実に決めるし。

熱気が違う

ウルグアイでの試合でしたが、約6万人収容ということで熱気がすごい。それに、ワールドカップ予選でもあるし、観客の声援とかもすごいです。こっちまで熱くなってしまうくらいの雰囲気でした。

個人の技術が高い

やっぱり一人一人の技術が日本とは桁違いです。ブラジルの選手なんて、みんながドリブルで仕掛けることができます。

決定力が違う

ブラジルの1点目なんて、10回のうちに1回入るかのスーパーゴール。それを1回で決めてしまうんですから、やばいです。日本との最大の違いは、決定力の差にもあると思います。

 まとめ

結果的にこんな言い方になってしまいますが、全てにおいてレベルが高い。パスもドリブルもシュートも。やっぱり、日本代表はまだまだだなーと感じています。日本代表しか見ない人にはわからないことですね。自分も数年前までは、日本最強だと思っていました笑。

決して、日本を批判したいわけではなく、自分は日本代表がもっと強くなって欲しいんです。そのためには、Jリーグが強くならなければならないので、皆さんもダゾーンに入って、Jリーグをどんどん盛り上げていきましょう!!!