楽Gamer's Blog

日本代表12人目の選手

Jリーグ、海外サッカー、日本代表などサッカーについて、気になったことを書いていきます。

サッカー日本代表 UAE戦を採点してみた 若手とベテランがともに躍動!!!

サッカー日本代表のUAE戦を採点していきます。

自分は、サッカー解説者でもサッカーの戦術に精通しているわけではありませんが、サッカー素人から見ての採点をしていきたいと思います。採点は10が最高で、6を平均とします。

日本代表全体の評価

7.0

全体としては、危なげない戦いを見せてくれたと思います。ピンチは幾度かありましたが、結果的に無失点で抑えることができたのは、評価できます。

チャンスも多くはありませんでしたが、そこは久保選手、今野選手がしっかりとゴールができたことは良かった。

細かいことを言うと、中盤でボールを取られたり、攻撃の連携が物足りなかったりしましたが、このような重要な一戦では、勝つことが何よりも大事なので、平均以上としておきます。

GK

川島永嗣

7.0

前半、唯一のピンチをビッグセーブで防ぐ。その他のプレイでも、ゴールキックやハイボール含めミスがなく、安定したプレイを見せてくれました。

試合感が不安視されていましたが、安定したプレイで、不安を払拭しました。

DF

長友佑都

6.0

長友選手は、川島選手同様所属チームのインテルで試合に出場できていませんが、安定したプレイを見せてくれたと思います。

守備の面では、オマルに仕事をさせませんでした。一度オマルにまた抜きパスを通されていましたが、結果的にゴール、アシストをさせなかったのは、評価できます。

酒井宏樹

6.0

守備の面では、問題ありませんでした。しかし、攻撃の面では、相手にボールを取られて、ピンチを招くことが何度かありました。

全体的には、平均的な評価になるかなと思います。

吉田麻也

6.5

センターバックとして、UAEにほとんどチャンスを与えませんでした。中盤からの縦パスを何度も防ぎ、攻撃にもリズムを加えたと思います。

この試合では、キャプテンとして長谷部選手の不在を感じさせず、キャプテンとしてもチームをまとめてくれました。

森重真人

6.0

吉田選手の相方として、ミスはほぼありませんでした。安定したプレイで、UAEにチャンスを与えませんでした。

細かいことを言うと、クリアが中途半端になってしまうことが1度ありました。

MF

山口蛍

7.0

4 3 3のアンカーとして、守備の面でピンチの芽を潰す効果的なプレイを何度も見せてくれました。

FW陣がボールを取られることが多かったですが、そのミスをうまくカバーできていたと思います。

今野泰幸

8.5

ハリルジャパンで、初出場でしたが、素晴らしいプレイでした。ベテランらしい安定したプレイを見せてくれたと思います。

今野選手は、ボランチより前目のインサイドハーフでの出場で、攻撃も守備も求められるポジションでしたが、その両方において効果的なプレイを見せました。攻撃では、もちろん得点を決めましたし、守備では今野選手らしい球際激しいプレイで、山口選手同様完璧でした。

香川真司

5.0

香川選手は、最近ドルトムントで好調だったので、自分としてもすごく期待していたのですが、あまりいいプレイは見せれませんでした。

いい時の香川選手は、後ろ向きでボールを受けても鋭い反転からのキラーパスやドリブルで相手を抜いたりできるのですが、今回の試合では、横パスやバックパスが多く、ドリブルで相手を抜くこともできていませんでした。

FW

久保裕也

8.0

1ゴール1アシストで、この試合の勝利の立役者と言ってもいいと思います。前半角度のないところからのシュートで、決定的な仕事をしてくれました。アシストでも今野選手への素晴らしいパスでした。

しかし、それ以外のプレイでは、相手にボールを渡してしまうことが多く、効果的なプレイはあまり見せれませんでした。でも、結果を残したのには変わりはありません。

原口元気

5.5

あまり効果的なプレイを見せられませんでした。ドリブルでも、相手にボールを渡してしまうことが何度かありました。

守備では、いつもの原口選手のように動き回って、相手の攻撃を遅らせることに成功したと思います。ですが、FWなので、ゴールやアシストという結果が欲しかったところです。

大迫勇也

6.5

前半でのチャンスを決めきれず、原口選手同様ゴールという結果を残せませんでした。

しかし、この試合で何度も相手を背負いながら、ボールを収めることができました。大迫選手がボールを収めたことで、いい攻撃ができたと思います。

ボールを収めて攻撃のリズムを作ったという点においては、評価できます。

交代選手

倉田秋

6.5

香川選手と交代で入って、見事なパスで決定的な場面を何度か作ってくれました。

欲を言うと、倉田選手の得意なドリブルが見たかったところ。

本田圭佑

6.0

印象に残るようなプレイは多くありませんでしたが、ミスもなく無難なプレイだったと思います。

岡崎慎司

5.5

プレイ時間はそこまで多くはありませんでしたが、1度あったビッグチャンスを外してしまいました。フォワードとしては、あそこは決めて欲しかったところです。